2024

 

 

 

2024.3.23(sat)-3.25(mon)

KIPPEI OGATA [INNER WARRIOR]

作品 作品

 


Kippei Ogata / instagram

1999年5月5日生まれ 長野県松本市出身卒 

 

Concept

なぜ戦い続けるのだろうか。 

誰かと戦い 

自分と戦い 

過去と戦い 

未来と戦い 

夢と戦い 

死と戦う。 

自分の中ではどんな戦士が戦っているのか知りたくなった。 

見ることはできないが写すことはできた。 

これらは私の魂の戦士を投影したもの。 

 

3/23 Sat 11時 - 20時

3/24 Sun 11時 - 20時

3/25 Mon 11時 - 19時

 

 

 

2024.3.9(sat)-3.10(mon)

TONII / mariko 「シカとブルドッグ展」

作品

 


TONII / instagram

長野県出身。童心を忘れないように、普段作品を作っています。モチーフは色々。 

 

mariko / instagram

熊本県出身。ポップで楽しい絵を描くのが好きです。ブルドッグの絵本を作っています。 

 

Concept

かくかくしかじかありまして

シカとブルドッグ(とその仲間達)が展示をします

TONII

動物 童話 植物をモチーフに婉曲に表現したイラスト展示、グッズ販売を行います。

mariko

365日エブリデイぎりぎりで生きているブルドッグのぶるちゃんのイラスト展示やグッズ販売を行います。会期中ぎりのぎりまでお楽しみ下さい...

 

3/9(土)13:00〜20:00

3/10(日)11:00〜19:00

 

 

 

2024.2.24(sat)-2.25(sun)

創 vol.1 「花咲く春にあう」

作品

 


一斗 / instagram

2000年8月11日生まれ 

4歳からタップダンスを始め、これまでに舞台や映画に出演する。2024年からダンス以外の表現に挑戦する。

 

Concept

俳優・高澤礁太の今を写し、これからを描く。

 

12:00 - 19:00

 

 

 

2024.2.19(mon)-2.21(wed)

“Aloft The Humus” A Solo Exhibition By Javon The Unique

作品

 


Javon “The Unique“ Chapman / instagram

Born 1993, Denver, CO, USA卒 

Self taught Illustrator, Videographer, And Project Management 

 

Concept

‘Humus’ is the organic matter that forms in soil when plant and animal matter decays. 

This exhibition reflects the study of microbiology and natural elements, 

representing slides from numerous microscope samples recreated into textured paintings. 

 

2/19 Mon 12:00 - 20:00< /p>

2/20 Tues 12:00 - 20:00

2/21 Wed 12:00 - 20:00

 

 

 

2024.2.15(thu)-2.18(sun)

Saki Saotome,Ririi,koto,ミナミシオ,七『AM 5:37 -春曙-』

作品

 


Saki Saotome,Ririi,koto,ミナミシオ,七

5人共に女子美術大学アート・デザイン表現学科ヒーリング表現領域所属 

 

Concept

季節が冬から春に移り変わり、世界が色付き始める季節をテーマに、5人がそれぞれのスタイルでアプローチした作品を展示するグループ展です。

 

11:00 - 19:00(最終日のみ17:30)

 

 

 

2024.2.9(fri)-2.12(mon)

Mu-|長岡泰地 “刺翳”

作品

 


Mu-

フリーランスメイクアップアーティスト

湘南出身。明治大学文学部文学科卒業。在学時より作品制作活動を開始。

プロダンスチームの専属メイクや、Rakuten Fashion Week TOKYO 2023 S/Sのバックステージでメイクチーフを経験。

ステージ、スチール、映像、イベントなど多岐に渡ってメイクを手がける。

メイクを多義的に捉えクリエイターの作品に寄り添う。

 

長岡 泰地

フォトグラファー・シネマトグラファー

2000年、埼玉県生まれ。長岡高専電気電子システム工学科卒業。

制作会社に入社後、広告やWEB、SNS等のコンテンツを中心に撮影を行う。

2024年2月よりフリーとして活動。

今回が初の展示となる。

 

Concept

理由もなく、まっさらに、全てを綺麗にだけしてしまうことを、良い作品と言えるだろうか。

共通の疑問を持つ若手フォトグラファーとメイクアップアーティストが写真展を企画。

創作に誠実であることの苦しさを、痛みと共に願いを刻むtattooをモチーフに描き出した作品群。

 

12:00-20:00(最終日のみ19:00)

 

 

 

2024.2.4(sun)-2.5(mon)

Marinda “はじまり 〜 一瞬一瞬の輝きの連続〜”

作品

 


Marinda(マリンダ)

マナアーティスト。マナヒーラー。ロミロミセラピスト。

“マナ”という ハワイ伝承愛の波動のエネルギーを絵に込めて描いています。

絵からいつでもマナが溢れ、空間、そこにあるもの、人を癒していきます。

どうぞたっぷり受け取ってください♡

 

Concept

◯立春の歓びを共に分かち合う奇跡を贈る。

◯2024年辰年、龍体文字のエネルギーがさらに増し、あなたの望みの具現化を加速させる「マナアート✕龍体文字グッズ」の受注販売。

◯龍体文字カードリーディング✕ハンドロミロミ♡手をほぐし体を整えてエネルギーを整える♪

 

2/4(日) 立春🌷 12:00〜20:00

2/5(月)🌷🌷🌷11:00〜18:00

 

 

 

2024.1.18(thu)-1.19(fri)

“Floating & Castle” Group Exhibition

作品

 


王沓は韓国弘益大学で博士課程に通っています。

孫鎮は韓国弘益大学で博士課程に通っています。

劉伊楽、中国広西師範大学大学院生が在学中。

 

Concept

浮遊は自分の城の中で自分の経営対話を内視し、一人一人の状態の不確実性によって新しい生活様式が生まれました。この展覧会は現代都市住民と自然の分離感を探究し、芸術家たちの視点と作品を通じて、異なる状態の人間の魂の慰めを解釈します。都市疎外の根源、現状、そして可能な解決策を探る。今回の展覧会は観客に現代都市住民の疎外感とその感情に対する反省を見せます。

 

 

 

2023

 

 

 

2023.12.16(sat)-12.17(sun)

むぎのタロットワールドツアー2023ーちいさなむぎの大きな世界展ー

作品

 


yuki

 

Concept

可愛いタロット、むぎのタロットの個展です。

オリジナルの書き下ろし作品の展示のほか、タロット解説本の販売、対面タロット占い(事前予約必須)などさまざまな企画をご用意しています。皆様のご参加おまちしています

 

12/16 11:00-20:00

12/17 11:00-18:00

 

 

 

2023.12.9(sat)-12.10(sun)

heallie 2312

作品

 


eriarai(新井江里) / instagram

 

Concept

heallie(ヒーリー)とはフリーアドレスのアートスペース。

作家の自由な表現を通じて人と人とが繋がる空間です。

不定期かつ様々な場所での創造により出会いをお楽しみいただくこと、

そして、アートを通じた心の豊かさの共有を目指します。

 

12:00 - 18:00

 

 

 

2023.12.2(sat)-12.4(mon)

河邉有実莉 写真展『ツナグ』

作品

 


河邉有実莉

愛知県出身、2016年より上京、2年間のアシスタントを経てフリーランスのフォトグラファーとして活動開始。雑誌、web共にポートレート撮影を中心に精力的に活動中。

 

Concept

30歳になった自分が写真と向き合ってみたときに 

たくさんの人との繋がりを感じたことから 

自分が好きな服や人やものを結んでみたり繋いでみたりしてみました

 

12/2 Sat 12時 - 19時

12/3 Sun 12時 - 19時

12/4 mon 11時 - 19時

 

 

 

2023.11.23(thu)-11.25(sat)

In - Between by hiro itou

作品 作品

 


hiro ito / instagram

1991年 埼玉生まれ

東京を拠点として海外でも活動を行うフォトグラファー フィルムメイカー

フィルム写真 8mmフィルムをメインとして国内外のバンド アーティストの写真やmusic videoを手がける。

 

Concept

コロナ禍明け 3年ぶりに行けた海外 5カ国(アメリカ 韓国 カンボジア ベトナム タイ)で撮った写真を収めたフィルム写真本 最新作 “Next time I will go , place where I have never been to” の販売を記念した写真展 

 

11/23 12:00 - 19:00

11/24 14:00 - 19:00

11/25 12:00 - 19:00

 

 

 

2023.11.15(wed)-11.21(tue)

「Omnia fluunt ・万物流転」Duo Exhibition

作品

 

Concept

生命はコスモから生成された骨組みに取り付いたように、芽を出し、成長し、繁茂し、しぼみ、そして再び新たな生を迎える。生命は循環の中で一様ではなく、ある要因が生命の存続を左右する。このような変化はコスモと対立関係にある。自立できないけれども野放図に成長したがる姿、躍動だけれども儚い生命力、そんな矛盾の中から空間に広がる生命の連続性を探求する。

アーティストの王旭は、東京藝術大学油画技法材料在籍し、仏教における輪廻を思考の軸とし、永遠に連結し続ける箱部屋を描く。潜在意識の中を記録した空間で、それは静かで落ち着いていて、どんなに小さな世間万物でも禅の精神に富んだものになる思考をもちながら、制作を続けていく。 / instagram

ジュエリーデザイナーの李睿は、武蔵野美術大学大学院を卒業。柔軟な素材を用いて夢幻世界を構築し、身につけるものの多様性を模索し、女性の根源的な美しさを様々な表現に乗せ届ける。 / instagram

今回の二人展では、平面と立体の境界を曖昧にしながら、互いに影響を与え合うことを期待している。柔らかい素材と幾何学的な線の組み合わせを通して、絵画のかたちにおける身につけるものの役割について新発想を投げかける。 二つの分野がぶつかり合うことで、多角的な視点から絶え間なく循環する生命の様々な表情を展開したい。

 

12:00 - 19:00 (最終日18:00まで)

 

 

 

2023.10.20(fri)-10.23(mon)

model kobato / photographer aika / hair make kotone「COSMIC TREE展」

作品

 


model kobato / instagram

photographer aika / instagram

hair make kotone / instagram

 

Concept

北欧神話に登場する

1本の架空の木をイメージした

空間作りを主として

今まで3人で撮り溜めた

作品たちを展示します。

 

12:00 - 20:00

 

 

 

2023.10.13(fri)-10.15(sun)

SAKI OTSUKA 写真「I am here」出版記念

作品 作品

 


SAKI OTSUKA

instagram / web

 

 

 

2023.10.6(fri)-10.8(sun)

TAROS+A(KIICHI ISHIKAWA)「NEO-SHUNGA展」

作品

 


TAROS+A (KIICHI ISHIKAWA)

東京生まれ。成城大学文芸学部卒 

コマーシャルアートの制作及びプロデュースの他、雑誌にてアート・ライティングを掲載する等の実績を重ねた後、NFTアートの世界へ。

 

Concept

デジタルの地平にて春画を再構築。氾濫する性のイメージをミニマムにし、新たなデジタル時代の春画を制作。NFTのデジタル作品、リアルの作品を連動し、アートとデジタルトークンの架け橋を成立させるプロジェクトです。

 

10/6 Fri 12時 - 20時

10/7 Sat 11時 - 20時

10/8 Sun 11時 - 18時

*Reception: Friday 22nd Sep, 5 - 8 pm

 

 

 

2023.9.26(tue)-10.2(mon)

rea Solo Exhibition「Je voudrais être une fleur」

作品

 


李 睿 RUI LI   instagram

2015.03 MFA, Musashino Art University, Japan (Science of Design )

2010.09 BA, Beijing Institute of Fashion Technology,China (Jewellery Design)

 

Concept

rea は従来のジュエリーの概念を超えていくブランド。独特な世界観を持ち、伝統や従来の素材・技法に捉われないアイテムで、日常と芸術のバランスを模索しつつ、女性の根源的な魅力を引き出している。

reaの初個展「Je voudrais être une fleur」では、設立から6年間の制作したのコレクションを展示・販売予定。同時にAWコレクションの新作も初登場するのでお楽しみに!

 

 

 

2023.9.22(fri)-9.24(sun)

ショーンウッディ写真展〈The Better Days Are Coming〉

作品

 


Shawn Woody / ショーンウッディ   instagram

写真学校を卒業後、2018年に渡独。現在は東京を拠点にフォトグラファー、エディター、ライターとしてマルチに活動する。クラブ、アート、LGBTQ+等のライフスタイルとアンダーグラウンドカルチャーに精通し、社会問題などについても問いかける。

Shawn has a background in analogue film photography and works as a photographer, editor and writer based in Tokyo, Japan. He is an expert on lifestyle culture such as club scene, the arts, the LGBTQ+ community and continues to ask readers about social issues in Japan.

 

Concept

写真に出会い、7年という月日が足早に過ぎた。どこへ行くにもフィルムカメラをポケットに忍ばせ、恋焦がれ泣き喚いたあの日も、クラブで夜通し踊ったあの日も、気が付けばそれをずっと握りしめていた。誰も予想していなかった日々が突如訪れ、〈当たり前〉を奪い去っていった2020年。世界中の都市は閑散とし、先の見えない明日に毎日絶望すらした。今日は昨日よりもマシな日になるのか、そんな不安を抱えたまま3年の月日が淡々と流れた。直接会わなくても会えるこの時代に私たちは〈実際に会う〉ことを選んだ。見えるようで見えなかった大切な人たち。私たちは結局目で見て、匂いを嗅ぎ、手で触れられる日を待ち望んでいたのだ。きっと今日は昨日よりもベターな日。今回の写真展では、7年間フィルムカメラで撮影された300枚以上の作品が展示され、限定80部の写真集が販売される。

Seven years have passed since I first encountered photography. I’ve carried a film camera in my pocket whenever I went anywhere: on the days I longed for love and on the days I danced the night away in clubs. Always, I found myself clutching it in my hand.In 2020, days that no one expected suddenly arrived and took away the “normal” from our lives. Cities around the world became deserted, and every day I despaired not being able to see brighter days ahead. Three years went by when we didn’t know what tomorrow would bring.In an age of digital connection, we can consciously choose to meet those who we longed to see in the flesh. At last we can touch, smell, and truly hold the people we care about with our own two hands. Maybe better days are finally coming.This exhibition features more than 300 photographs taken with a film camera over a period of seven years, and a limited edition photo book will be on sale.

 

9/22 Fri 11 am - 5 pm

9/23 Sat 11 am - 8 pm

9/24 Sun 11 am - 7 pm

*Reception: Friday 22nd Sep, 5 - 8 pm

 

 

 

2023.9.17(sun)-9.19(tue)

原口里菜 × 宮崎玲花 photographer mayo × hirokichi × Ai 写真展「夢うつつ」

作品

 

【モデル】

原口里菜   instagram

宮崎玲花   instagram

【カメラマン】

Ai   instagram

hirokichi   instagram

mayo   instagram

 

Concept

それぞれのカメラマンさんごとに

異なる夢と現実の世界を

役者ならではの表現力でお届けする。

あなたにとっての夢うつつな世界を想像しながら、

写真展という特別な空間を

楽しんでいただきたいと思っています。

( 夢うつつ )

夢とも現実とも区別がつかない状態。

 

 9/17(sun) 14:00 - 20:00

 9/18(mon) 11:00 - 20:00

 9/19(tue) 11:00 - 19:00

 

 

 

2023.9.9(sat)-9.11(mon)

下野 万里子「“わたし と言う名の 光” 展」

作品

 


下野万里子/マリンダ

マナヒーラー、ロミロミセラピスト、アーティスト

ハワイ語で「マナ」は愛の波動、宇宙エネルギー、生命力、奇跡などの意味があります。2019年にハワイにて学んだのがハワイ伝承「ロミロミ」と「マナヒーリング」。その中で最も重要なことが「マナ」という在り方でした。そのお陰で、「マナアート」とういう「マナ」を込めたアートが誕生し、グッズの制作や販売も始めました。

 

Concept

光溢れる空間づくりをしたい、その場の癒しを感じて頂きたい、という前回3月の個展を経て、あなたの放つ光があなたの世界を照らしている、あなたが光そのもの、というメッセージをお届けしたく想い、“わたし と言う名の 光”という個展タイトルとなりました。

 

11:00 - 20:00 (最終日18:00まで)

 

 

 

2023.9.1(fri)-9.3(sun)

僕らのBPMは120

作品

 


江崎隆太 愛執作家

2023.3 『A面/B面』 福岡

2023.6 『夏休みの宿題展』福岡

2023.7月からは活動拠点を東京に変え、バンドのアー写から、ライブ写真、ショート動画、ポートレートを主に活動している。将来の夢は、会員制の喫茶店を開き好きな人だけを集めて眠くなってしまうような場所を作りたい


なをか 総合作家

2022.9/13-18 グループ展 『晩夏』ポートレートと短歌 、詩を展示

2022.11/20 『ヒカリテン』小林私のテーマ設定の元、作品集弔い アートワークを展示

2023.3/19 『A SECRET PARTY OF FAIRYS』SSWのはる陽。と作品撮り、共作曲の発表。

2023.12/8-10 石塚玲央との2人展を予定

2021年5月から東京を中心にモデル活動を始め「ポートレートと短歌」を文化にしたく、SNSを中心に活動する。2023年4月からはphotographerとしてLIVE映像.写真を主に活動をする。写真を中心としたクリエイター活動を行いながらも、歌人の一面を持ち言葉を編み続ける。活動が多岐に渡る総合作家である。

 

Concept

"熱がなければ愛は生まれないだろうし、愛がなければそこに熱はないと思う"

熱と愛はそんなイコールな存在と考えたなをかと江崎による"熱と愛"に纏わる展示です。

 

11:00 - 20:00 (最終日19:00まで)

 

 

 

2023.8.25(fri)-8.28(mon)

sakura lingerie school Students Lingerie Work Exhibition / 生徒さん展示会

作品

 

sakura Lingerie school は初心者から縫製経験のある方までがFrench Lingerie Making (フレンチランジェリー メイキング)を学ぶことができるOnline 配信 / Atelier 講座のある新しい Lingerie Making Class です。

今回は全コースを修了された生徒さんたちの作品の展示会・販売会を行います。 各ブランドで少数の在庫を用意しており、半オーダーメイドのできるブランドも参加しております。 どなたでもご来場できますので、お気軽にお越しくださいませ。

 

i.siit   instagram

InnerChild   instagram

Uchida / Bespoke Lingerie Label   instagram

Proposed by sakura lingerie school   WEB / instagram

講師 : sakura

 

 13:00-19:00

 

 

 

2023.8.11(fri)-8.13(sun)

グループ展 「on.」

作品

 

chachadoki(ちゃちゃどき)

2023年 多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業

キャラクターデザイン、イラストレーションを主に制作。何気ない生活の中で出会う光景や、心が感じたことなどを大切に作品と向き合っています。

 

さとう いおり

1999年 生まれ

2023年 東京造形大学造形学部デザイン学科グラフィックデザイン専攻 卒業

デザイナー兼イラストレーター。様々な形やテクスチャーを組み合わせ、素材を活かしながら温かみのある作品を制作。動植物をモチーフにすることが多く、最近は蝶と鳥に注目している。

 

しろやま しづ

京都精華大学 デザイン学部イラスト学科卒業

幼少期の頭の柔軟さや空想力を大人になっても忘れたくないという思いから、手描きで子供や動物をモチーフにメルヘンな世界観の作品を制作しています。

 

としおか ほのか

2000年生まれ

2023年 多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業

子ども達に絵や工作を教える仕事をしながら、イラストレーターとして活動。生き物や子どもをモチーフに、素朴さや愛らしさのあるイラスト、立体作品を制作。

 

なかむらみきこ

2000年生まれ

2023年 多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業

普段はキャラクターや素材にアニメをつける人として活動中。しんみりほっこりするお話を考えるのが好き、カラフルが好き、裁縫が好き。素材感のある作品をつくるのが好き。

 

マヤヅカ

女子美術大学 アート・デザイン表現学科 メディア表現領域卒業

普段はデザイナー兼イラストレーターとして活動中。女の子とお洋服、ちょっと不思議な日常が好きです。主にデジタルツールでイラストを制作。

 

ろく

多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業

ゆるっとかわいいキャラクターのイラストを描いたり、モデリングで立体作品を主に制作。

 

Concept

"どこか温かさを感じる世界"という共通点をもった7人の作家によるグループ展です。

 

 11:00-18:30

 

 

 

2023.7.7(fri)-7.9(sun)

yuinoto23AWcollection 浮遊夢想

作品

 

yuinoto instagram

文化服装学院アパレルデザイン科卒業後アパレルのメーカーにデザイナー兼生産管理をしながら衣装製作など個人活動を開始。退社後現在フリーランスのデザイナーとしてアーティストの衣装からオーダーメイド服などのファッションや衣装を幅広く製作する。2022年にバンクーバーファッションウィークにてyuinotoはじめてのコレクションを発表。自身の経験したもの感じているものを非現実的でドラマティックに表現している。 

 

Concept

2022年にVancouver Fashion Weekにて発表させていただいた23ssと共に23awの新作を発表させていただきます。 

23awのテーマは"浮遊夢想" 

冬の香りと共に思い出したあなたに会いに行くをコンセプトにコレクションを製作させていただきました。 

"何処に" "誰に"を想いながらみていただけたらと思います。

 

 7/7 fri 12:00-20:00

 7/8 sat 11:00-20:00

 7/9 sun 11:00-20:00

 

 

 

2023.7.1(sat)-7.4(tue)

ØØØØ 23-24AW EXHIBITION “KNOW ENOUGH"

作品

 

【ØØØØ 23-24AW EXHIBITION “KNOW ENOUGH"   instagram

 

ØØØØ(レイ)

元WTAPSのスタッフらがチームを組み、立ち上げ。ミリタリーアイテムに芸術性を掛け合わせることで“反戦”を謳った『アートカモ』(アートな迷彩)プロダクトなど、時代に沿ったコンセプチュアルなプロダクトを発信。他にも定番のコーデュラロングスリーブや中目黒の名店・リサーチジェネラルストアとのコラボレーションが話題を呼ぶなど、確かなモノづくりが評価されている。

 

Concept

「KNOW ENOUGH」(足るを知る)と題した今コレクションは、フランス軍やアメリカ軍のヴィンテージウールブランケットを解体・再構築した【MA−Ø】をはじめ、『創意工夫や不完全の中にある美しさ』にフォーカスしたコレクションです。完璧さやオーバースペックを求めすぎる現代に警笛を鳴らす想いで制作しました。

 

 7/1 sat 12:00-20:00

 7/2 sun 12:00-20:00

 7/3 mon 13:00-20:00

 7/4 tue 12:00-19:00

 

 

 

2023.6.4(sun)-6.5(mon)

ALL MY SPRING 1st remake collection『𝔀𝓲𝓷𝓭 / SPRING ache』at tokyo

作品

 

【ALL MY SPRING】다 나의 봄 わたしの春のすべて   instagram

since 2023.01.06

' すべての春の日を話すように表す '

有限の時間のなかで触れている空気の色や温度、香り

景色や記憶、言葉にできない感情を

リメイク、刺繍、ペイントなどで描いています。

 

Concept

5月に新潟で開催した展示会に引き続き、1st remake collectionをご覧いただける機会となります。※一点もののリメイク商品は即売となり当日お持ち帰りいただけます。

 

『SPRING ache』

曖昧で、せつなくて、痛い 春

眩しい次の季節

『wind』息切れする

...

whenever いったいいつ

if もし-ならば

nod 揺らぐ

doze 微睡

 

 6/4 sun 11:00-19:00

 6/5 mon 11:00-18:00

 

 

 

2023.5.26(fri)-5.28(sun)

「HYO」

作品

 

Concept

尊い生命・「大切な日々」を生きるために生きず、目覚めた瞬間から一日を生き切るというコンセプトを元にブランド「HYO」を立ち上げる。この度、満を持しての初の作品発表会を開催。

 

 11:00-20:00

 

 

 

2023.5.19(fri)-5.21(sun)

しまひろふみ個展 フォトアート「富士百景 其之弍」

作品

 

しまひろふみ / Hirofumi Shima   instagram

フォトアーティスト / PHOTO-ARTIST

 

大阪市出身。2017年から東京都在住。

2021年から写真に絵を重ね塗りするフォトアーティストとして制作開始。

現在は風景写真に富士山を描く作品を手がけている。

Born in Osaka City, Japan. Now live in Tokyo Metropolitan since 2017.

Photo Artist activity as painted on photography has started since 2021.

Now trying to make Mt. Fuji drawing on scenery photo artworks.

 

 5.19 12:00-20:00

 5.20 11:00-20:00

 5.21 11:00-19:00

 

 

 

2023.5.13(sat)-5.14(sun)

写真展「青光芒」 Rocky × Sakurako

作品

 

Rocky   instagram

Sakurako   instagram

model(by rocky) :

池田朱那   instagram

逢沢りな   instagram

and more…

 

青く落ちた光に私たちは魅了され、藍する彼方を誘い微睡む私たちの目に映る色や光は仮初のものかもしれない。創られた物語や世界は張りぼてで継ぎ接ぎだらけだろう。信じたものが明日には地に落ちて、また孤独と焦燥を味わうのだろう。ただ其処に心奪われる一筋の美があるのなら私はそれだけを信じて進みたい。私は青く染まりたい。藍する人も染め上げたい。 

 

We are fascinated by the falling blue light,Inviting the indigo far away to take a nap The colors and light that we see may be temporary.The stories and worlds created will be patchy and patchy.What I believed in will fall to the ground tomorrow,You will feel loneliness and frustration again.If only there's a ray of beauty that steals your heart I just want to believe that and move on.I want to be dyed blue I want to dye people who wear indigo. 

 

詳しくはコチラへ→   [concept]

 

 5.13-14 11:00-20:00(※14日は18:00まで)

 入場料:500円※ポストカード付き

 

 

 

2023.4.29(sat)-5.7(sun)

魚返一真『ちらりずむ』

作品

 

魚返一真

 

 

 

2023.4.8(sat)-4.9(sun)

"Intersection of Concepts: Visual Practices of Photography, Installation, and Text | Curated by ChatGPT"

作品

 

gongjue+

1992年中国四川省生まれ。

2015年東京大学総合文化研究科に入学し、日中近代美術史を研究。

2019年同学科博士課程中退。

現在、都内のギャラリーで勤務。

 

Born in Sichuan Province, China in 1992.

Studied modern Chinese and Japanese art history at the Graduate School and College of Arts and Sciences, the University of Tokyo since 2015.

Dropped out of the above PhD program in 2019.

Currently works at a gallery in Tokyo.

 

1992年出生于中国四川省。

2015年入学东京大学综合文化研究科,研究中日近代美术史。

2019年同学科博士课程退学。

现就职于东京的画廊。

 

northernisland_

1992年中国生まれ。

2020年東京芸術大学美術研究科修士課程修了。

インスタレーション、イラスト、映像、写真、タトゥーなど、様々な手段を用いて創作活動を行う。

 

Born in 1992, P.R.China.

Graduated from Tokyo University of the Arts in 2020 (MFA).

She creates through a variety of methods including installation, illustration, video, photography and tattooing, etc,.

 

1992年出生于中国。

2020年毕业于东京艺术大学美术研究科获得硕士学位。

通过装置,绘画,映像,摄影,刺青等多种方法进行创作。

 

Concept

現代美術は躍進期にあり、技術の進歩と多様なアートがアーティストたちにより広い表現空間を提供しています。写真、インスタレーション、テキストなどのメディアは、現代美術においてアーティストたちの視覚的実践に重要な役割を果たしています。本展示はこれらのメディアの交差や衝突により、多様で豊かで立体的な視覚世界を提示し、観客に豊かな視覚体験を提供し、人間の概念交差の多様性と複雑さを探求することを目的としています。2人の女性アーティストによる写真、映像、インスタレーション作品は、彼女たちの個人的な理解と探求を反映し、人間と技術の関係を表現し、その関係の中での自己発見を探究しています。本展示は、観客が人間と技術の複雑な関係について深く考える機会を提供します。ChatGPT

 

Contemporary art is currently in a thriving period, with advancements in technology and diversity in art providing artists with a wider range of expression.In contemporary art, mediums such as photography, installations, and text play important roles in artists' visual practices. This exhibition presents a diverse, rich, and three-dimensional visual world through the intersection and collision of these mediums, aiming to provide audiences with a rich visual experience while exploring the diversity and complexity of human concept intersections.The photography, film, and installation works of two female artists reflect their personal understanding and exploration of humanity and artistic expression, presenting the relationship between humans and technology and exploring self-discovery within this relationship.This exhibition will provide an opportunity for audiences to deeply contemplate the complex relationship between humans and technology.ChatGPT

 

 2023.4.8-4.9 11:00-19:00

 Reception Party: 2023.4.8 17:00-

 

 

 

2023.3.31(tue)-4.3(thu)

Repetition 2023 AW collection by SOEUR tokyo プレオーダー・受注会

作品

 


SOEUR tokyo / スールトーキョー   instagram

Neither Lingerie Nor Clothes, it’s “ overwear ”(ランジェリーでも衣服でもない、overwear)私たちの創造物は ランジェリーでもない衣服でもない、あるいはそのどちらでもない“ overwear ” を毎コレクションで展開します。

 

今回のコレクション「反復」のインスピレーションのヒントとなったのは、ARTE POVERA。アルテポーヴェラ。

1960年代末から70年代初頭にかけてイタリアで興った芸術運動。日本語で「貧しい芸術」の意味。アルテ・ポーヴェラの作品の特徴は、鉄、廃材、石、布切れといった日常的で質素な素材を 反復的に提示することにあった。

今回のコレクションはこのアルテポーヴェラの作品の特徴にある「反復」からインスピレーションを得た作品となっている。しばしば私たちは何かを反復 “ deja vu ” して過ごしている。それ は時間の反復であったり、行動の反復であったり、出来事の反復や言葉の反復である。既に体験した何かをまた再度体験する。

このような誰にでもある経験を「反復」として今回のコレクションのピースたちに落とし込んだ作品となっている。マテリアルの中に存在する反復はもちろん、上半身で組んだパターンを下半 身に、下半身で組んだパターンを上半身に、限りなく近い形で反復したり、反転したり、パーツをリピートするようにパターンを引いて仕立てた。

またアルテ・ポーヴェラ の質素な素材を取り入れるため、仕上がった作品には最後にパターンに使う模造紙の上にアクリルをのせ、壁にかけてアクリルをあえて流しそのまま放置した絵をテキ スタイル に施した。そして分解することのできるアイテムや、上半身でも下半身でも着用なアイテムで多様なスタイリングが可能である SOEUR tokyo の魅力が最大限詰め込んだコレクショ ンとなっている。

 

12:00 - 20:00 (最終日19:00まで)

 

 

 

2023.3.25(sat)-3.27(mon)

奏葉「care」

作品

 


奏葉 (そよ)   instagram

2001年 東京都出身

現在 日本大学芸術学部写真学科在籍

 

Concept

「care」

世界はあらゆるもので溢れていて、それぞれのリズムで動いていること

それは名前がなかったり、”意味”ではないものだったり

ここにあるものを、見て、探って、気づくこと

ちゃんとそうできているのか、日々をみつめた写真です

11:00 - 20:00 (最終日18:30まで)

 

 

 

2023.3.21(tue)-3.23(thu)

下野 万里子「原点回帰〜わたし、宇宙、愛、そして〜」

作品

 


マリンダ/下野 万里子

ハワイ語でマナという愛の波動、宇宙エネルギー、奇跡、生命力etcに出逢えたことで、絵にマナを籠めて描くようになり本格的に絵の活動を開始。原画以外にも、グッズ販売開始。龍体文字と組み合わせたアートも書き始める。マナを伝える表現者として、2022年には、お芝居、ミュージカルに初挑戦。その経験により、本来の自分に還る。そして今、原点回帰へと辿り着き、今回の個展のテーマとなりました。

3/21 春分&宇宙元旦。ここからさらに新たな世界が始まりますように☆

 

第5回個展「原点回帰〜わたし、宇宙、愛、そして〜」

今、原点に還り、新たな世界が始まってゆく。わたしに還る。宇宙に還る。愛に還る。そして、、、。原点に還って来た安心感。その感覚が “わたし” をどこまでもどこまでも拡大させてゆく。大好きなハワイの絵に、大いなるものの存在や歓喜の世界を表現しました。マナという愛の世界を堪能して頂けますように♫

 

♡ハンドロミロミ:15分2000円

私の施術人生の原点は、ハンドマッサージでした。手と手で会話をする心地好さを味わう。手がほぐれ心もほぐれる。あなたの大切な手に愛と感謝のエネルギーを注ぐ時間。一緒に楽しみましょう♫

 

11:00 - 20:00 (最終日17:00まで)

 

 

 

2023.3.11(sat)-3.19(sun)

Cally Tan 『The Lovery,Perceived』

作品 作品 作品

 


Cally Tan キャリー タン

多摩美術大学テキスタイルデザイン専攻修士在籍

b. 1998

シンガポール出身

 

染織の素材と技法を活かし、現代アートの文脈で作品を制作している。主に哲学や心理学、人類学における概念に基づき作品の制作プロセスと内容を探究している。日常生活に既存している染織物と同じ素材を使用することにより、鑑賞者と作品との更なる親密的な関係を作ることに着目している。

 

12:00 - 19:00

 

 

 

2023.3.2(thu)-3.7(tue)

『A mad tea party』

作品 作品

 


忍足陽子   instagram

多摩美術大学統合デザイン学科2年生

 

岩崎美優   instagram

多摩美術大学統合デザイン学科2年生

 

Concept

「A mad tea party」

色を好む子、嫌う子、正反対なうさぎの双子が一つだけ一致している食の趣味。そんなふたりが開く奇妙なお茶会をコンセプトとする空間アート。絵や小物販売など、幅広いジャンルの展示をします。ぜひ私たちの世界をご堪能あれ。→ instagram

11:00 - 20:00(最終日18:00まで)

 

 

 

2023.2.22(wed)-2.28(tue)

『それはそれで「ない」に赴き「すぎる」』

作品

 


島田初音

1999年生まれ

多摩美術大学大学院絵画学科版画専攻写真・シルクスクリーン工房在籍 院1年生

「写真の実在性」をテーマに、モノとしての写真、イメージよりもインクや支持体の存在を強調する作品を制作。写真に何が写っているかよりも写真というメディア自体を主に扱う。

 

鈴木遼弥

2000年生まれ

多摩美術大学絵画学科版画専攻木版工房在籍 学部4年生

テーマ:木版画の制作プロセスの解体と再構築

下絵、彫り、摺りが従来の木版画の制作プロセスである。私はこのように作られた作品を鑑賞する中で、身体性はあるのだろうかと疑問を抱いた。他のファインアートは直接性の観点から作者の筆跡などから動きが感じ取れるだろう。しかし木版画においては版木に彫りを加えることで版自体には身体性を感じるが、摺りによって限りなくその獲得した身体性は排斥されてしまう。つまり従来のプロセス自体に身体性の排斥を感じ、そのプロセスを解体、再構築することで感じ取ることができなかった性質、それぞれのプロセスの意味性の変容、新たなメディアの横断の可能性を獲得できるのではないかと考えている。

 

李林

1996年生まれ

多摩美術大学絵画学科版画専攻 学部2年生

テーマ:木版画の制作プロセスの解体と再構築

脆さをテーマにして実験アニメとインスタレーションを製作します。

表現の手段 : 写真を素材としますが、立体にしたり、ビデオにしたりすることで、写真持っている平面性と静 止という属性を越します。

 

Concept

版画は主観的・身体的な絵画・彫刻から、客観的・間接的なデザインの領域まで様々な表現に隣接しているジャンルであるが、特別立ち止まって注視されることない透明性を持つ。このような版画の透明性を、実体はあるが目に見え「ない」状態とし、その中で表現方法を模索していくと版画が様々な表現と繋がっている分、選択肢が有り「すぎる」。版画の多様な表現の中で何を選択し何を伝えたいのか、混沌とした3名の作品を展示する。

11:00 - 20:00(最終日19:00まで)

 

 

 

2023.2.16(thu)-2.20(mon)

秋元麻由美 河邊実央 2人展『引力のシルエット』

作品 作品

 


秋元麻由美   instagram / twitter

1999年 神奈川県出身

現在 東京藝術大学 美術研究科修士課程 工芸専攻漆芸研究分野 在籍

自身の感情や生死観の具象化をテーマに、人体の造形をモチーフとし主に立体作品を制作する。漆芸技法のひとつである脱活乾漆の手法を使った表現を研究している。

 

河邊 実央   instagram / twitter

1998年 神奈川県出身

現在 東京藝術大学 美術研究科修士課程 工芸専攻染織研究分野 在籍

祖母や母の影響で、幼少期より布に興味を持つ。服飾は最も身近な自己表現媒体だと考え、服飾と人の感情やその環境にまつわるモチーフやテーマを絡めて作品を制作。大学で学んだ染色と、刺繍技法のひとつであるスモッキングや、日本の絞りなど布の凹凸を作り出す技法を組み合わせる研究を行う。

 

Concept

東京藝術大学工芸修士課程(漆芸・染織)に所属する2人による展示。全く異なる表現でありながらも、「からだ」という共通項を持つ2人の調和をご覧ください。

11:00 - 20:00(※初日は14:00open、最終日は18:00close)

 

 

 

2023.2.10(fri)-2.13(mon)

Yuka Mizoi GlassExhbition『TRACE』

作品

 


溝井 優香   instagram

1998 広島県出身

2022 女子美術大学デザイン•工芸学科工芸専攻 卒業

現在 女子美術大学大学院博士前期課程美術専攻工芸(ガラス)領域 在籍

 

Concept

ガラスに内在するガラスの動きの痕跡

11:00〜20:00(最終日は17:00まで)

 

 

 

2023.1.21(sat)-1.22(sun)

むぎのタロットワールドツアー2022-2023

作品

 


オリジナルタロット「むぎのタロット」の個展です。

ちいさな小ネズミの「むぎ」をモチーフにした可愛いタロットに関する作品やグッズの展示・販売のほか、対面でのタロット占いも実施します。タロット占いは事前予約が必要です。可愛いむぎの楽しい展示にぜひいらしてください。

21(sat) 11:00-20:00

22(sun) 11:00-18:00

2022

 

 

 

2022.12.16(fri)-12.25(sun)

大竹奨次郎「竜泉」

作品

 


大竹奨次郎

 

どうしたら絵が描けるのか、なにを表しているのか、なぜ描いているのか。

わからないまま描いていって、色々なことをして待っていると、タイミングがやってきて気づく。

3回目の個展をすることになりました。ぜひ来てください。

大竹

 

 

 

2022.12.9(fri)-12.11(sun)

yuki ueyama 2023 NEW COLLECTION

作品

 


yuki ueyama

 

ジュエリーアーティストyuki ueyamaによる新作コレクションのお披露目を今年も開催いたします。

yuki ueyamaが自ら石を選び、ひとつひとつ制作した世界でひとつだけのジュエリーをお楽しみください。

今回は シミズ 貴石 様の甲州切子カットが施された希少なルースをあしらった特別なコレクションになりました。

唯一無二の輝きをまとって素敵な1年を迎えていただきたいという想いを込めて制作しております。

2023年は飛躍の年とされています。

この悩ましい日々に少しでも心がキラキラ・ワクワクできますように。

通常ルースのオーダージュエリーや持ち込みのリメイク・修理もご相談いただけます。


同時にオートクチュールティアラの新作も展示いたします。

試着や実際にお手に取っていただけますので、是非この機会にご覧くださいませ。

12.9(fri) 13:00~20:00

12.10(sat) 13:00~19:00

12.11(sun) 13:00~18:00

※午前中希望の方はご連絡ください。

 

 

 

2022.12.3(fri)-12.4(sun)

Naoto Kisanuki「祖先の眠る島」

作品

 


Naoto Kisanuki   instagram

山梨県甲府市出身。高校3年生の時にカメラを始め、地元山梨の景色を撮影し始める。

現在は愛機Leica M10Pを使用し、主に関東でポートレート、風景を撮影している。

 

展⽰会の内容

自身の苗字である「木佐貫」は関東では珍しい苗字とされることが多い。そんな苗字を姓として授かり、そのルーツである祖先がどこで育ったのか気になった。祖父、曾祖父は奄美大島出身であり、祖先が生まれ育った島、祖父、曾祖父が見た景色を今自身が見て、写真におさめることとした。


12.3(sat) 11:00〜20:00

12.4(sun) 11:00〜19:00

 

 

 

2022.11.25(fri)-11.27(sun)

CHIHARU EGAMI Exhibition 2022

作品

 

11.25(fri) 15:00〜20:00

11.26(sat) 11:00〜20:00

11.27(sun) 11:00〜18:00

 

 

 

2022.11.11(fri)-11.13(sun)

ジョージーナ春/ゆき ありさ「ANOTHER BACK ALLEY」

作品

 


ジョージーナ春   instagram

ロマンティックにグロテスクなアナログコラージュをメインに都内で活動中。

大学では主にグラフィックデザインを学び、自らデザインしているオリジナルブランド「Grab Romantic」としてグッズ販売も行なっている。

2021

「Grab Romantic」個展@デザインフェスタギャラリー原宿

委託販売@Romantic Standard

「CollageExhibition:CUTandPASTE2021」ギャラリー企画グループ展示@THE blank GALLERY

「原宿カワイイ展」@デザインフェスタギャラリー原宿

2022

「愛と狂気のマーケット」@ラフォーレ原宿

「Independent Tokyo2022」@東京ポートシティ竹芝


ゆき ありさ   instagram / twitter

6歳から絵画教室に通い、18歳まで絵画やデザインなど平面での表現に勤しむ。

高校時代から徐々に立体にも興味を持ち始め、大学では現代美術においての立体表現を学ぶ。

卒業後の現在は造形、塗装関係のアルバイトをしながら作品を発表している。

日本のサブカルチャーとアンダーグラウンド、ぬいぐるみや人体モチーフを多く取り入れた作品を多く制作。

2021

「−0°」個展@デザインフェスタギャラリー原宿

「原宿カワイイ展」@デザインフェスタギャラリー原宿

2022

「愛と狂気のマーケット」@ラフォーレ原宿


11.19(sat) 12:00〜20:00

11.20(sun) 11:00〜19:00

 

 

 

2022.11.11(fri)-11.13(sun)

しまひろふみ個展 フォトアート「富士百景」

作品

 


しまひろふみ Hirofumi Shima

フォトアーティスト 大阪市出身。

写真の上から色彩を重ねるフォトアートのスタイルで、2021年より制作活動を開始。

現在は富士山を取り入れた、現実と非現実のコラボレーションをテーマとしている。

instagram / facebook / twitter


11.11(fri) 12:00〜20:00

11.12(sat) 11:00〜20:00

11.13(sun) 11:00〜18:00

 

 

 

2022.11.3(thu)-11.5(sat)

福田宏樹×浅野勉 2人展

作品

 


 福田 宏樹

 略歴

 1969年千葉県に生まれる

 2010~2014年アートマスターズスクール古吉弘教室において油彩画を学ぶ

 2018年13th International ARC Salon (米国)肖像画部門においてギャラリー賞Arcadia Contemporary Awardsを受賞いたしました。また同部門において他1点ファイナリストに選出されました。

 2019年Arcadia ContemporaryブースよりLA ART SHOW 出品(ロサンゼルス)

 2019年ARCArcadia Contemporary Awards受賞展 ARC Visions出品(Arcadia Contemporary カリフォルニア)

 2019年14th International ARC Salon (米国)肖像画部門において2点ファイナリストに選出されました。

 2019年8月グループ展`FIVE AND UNDER`出品(Arcadia Contemporary カリフォルニア)

 2020年12月バーチャルグループ展”FLOWER POWER”出品 (米国ARCADIA CONTEMPORARY )

 2021年15th International ARC Salon (米国)肖像画部門においてファイナリスト、セミファイナリストにそれぞれ1点選出されました。

 2021年7月 Arcadia ContemporaryブースよりLA ART SHOW 出品(ロサンゼルス)

 所属

 Art Renewal Center(米国)準会員 Associate Living Master


 浅野勉

 1966 福島県出身

 1987 東京デザイナー学院卒業 某デザイン会社にイラストレーターとして入社

 1992 同社退社 フリーのイラストレーターとして活動

 2015

 白日会 「福島の母ー希望の実」入選

 全日肖展 「バレリーナ」入選

 小作品の部 「母親」東美賞受賞

 2016

 全日肖展 「さくらんぼ」奨励賞受賞

 小作品の部 「農家の叔父」銅賞受賞

 勝田台ステーションギャラリーにて個展

 2017

 全日肖展 「バレリーナII」クサカベ賞受賞

 小作品の部 「ふたご」銅賞受賞

 千葉スペースガレリアにて個展

 2018

 全日肖展 「福島の母ー希望の苗」

 第65回記念大賞受賞

 小作品の部「バレリーナⅢ」銅賞受賞

 2019

 全日肖展 「優雅な時間」ホルベイン賞受賞

 小作品の部 「明日を見つめる人ー桑折町長」佳作受賞

 2021

 全日肖展 「ジャズミュージシャン」ナムラ賞受賞

 第2回ホキ美術館プラチナ大賞 入選

 2022

 全日肖 Mの肖像 特選

 小作品の部 北欧のヴィーナス 金賞

 

 

 

2022.10.28(fri)-10.30(sun)

増田啓之『VASE — FLOWERS: YUTA KUSHIMA』

作品

 


増田啓之 instagram

1983年兵庫県生まれ。武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科卒業。 2018年 TARO inc.設立。グラフィックデザイナー、アートディレクター。


久嶋祐太 instagram

2018年からフリーランスのグラフィックデザイナー、イラストレーターとして活動。


展⽰会の内容

増田啓之による企画展『VASE — FLOWERS: YUTA KUSHIMA』を開催します。

二人の作家がそれぞれの意図、手法で描いた花と花器を組み合わせた平面作品を展示します。

花器は増田啓之による幾何学的図形を組み合わせた図案。

花は久嶋祐太によるイラストレーション。

花器に花を飾ったかのようなふたつの表現をお楽しみください。


会場では原画の販売と花のイラストと花器の図案を自由に組み合わせることができるグッズなどを販売します。

12:00–19:00(最終日17:00)

 

 

 

2022.10.17(mon)-10.22(sat)

早川弘信 「未来は闇の中に」展 

作品 作品

 


 早川 弘信

 1986年、15歳の時に善・悪・無記を悟って(解脱ではない)、身体から自我を引き上げ、初めて艷やかな闇を見る。物質が存在しない次元を知る。

 1992年、魂の変容体験。蛹化した後、境域の守護者のVisionに遭遇。以来、その存在をテーマに表現活動を続ける。芸術宗教家(単独者=組織ではなく)として意味なしの国についてお伝え中。

 

 

 

2022.10.8(sat)-10.10(mon)

康愛梨「回虚録」展

作品 作品

 


 康愛梨(カン・エリ)


 10/8 13:00-20:00

 10/9 10:00-20:00

 10/10 10:00-18:00

 

 

 

2022.9.27(tue)-10.2(sun)

魚返一真『モノクローム・ラヴ』

作品

 

魚返一真

 

 

 

2022.9.12(mon)-9.18(sun)

『 The RED展 』

作品

 

りなてぃー


展⽰会の内容

本展示は、赤を基調とした作品の展示である。

「元気」「情熱」「生きる糧」「日本」など、赤から連想させるコンセプトをそれぞれ掲げ、デジタル、絵画、写真等の様々な表現方法から赤の幅の広さを楽しむことができる。

 

 

 

2022.9.22(thu)-9.25(sun)

『00: portable station』 完全予約制

作品

 

アニメーション作家「Waboku」、イラストレーター「からんころん」によるクリエイターユニット。

近未来世界の宇宙診療所をテーマに、アニメーションGIFやイラストレーションを展開し、SNSの投稿によってその物語を補完するという創作活動を行っている。

 

Waboku web

からんころん web

 

 

 

2022.9.9(fri)-9.11(sun)

笠原颯太 / 花輪ちひろ『lie down a little.』

作品

 

笠原颯太 instagram

1999年 埼玉県出身

2022年 武蔵野美術大学卒業者

カメラを使用した美しいイメージの作成を基盤に作品を制作。

 

花輪ちひろ instagram

1998年 神奈川県生まれ

2021年 女子美術大学美術学科日本画専攻卒業

日々、自然の中で起こりうる心のうつろいを日本画で制作しています。

 

展⽰会の内容

 

窓の外から聞こえる風が空気を送る、

葉のそよそよとした声、

木々の間を縫って差し込んでくる光たち、

ちいさな鳥のさえずり、

刷毛を紙にこするということ、

いつもありがとうございます。

 

花輪ちひろ

 

 

いつ写真を撮っているのだろう。

部屋では基本横になってます。

それぞれの写真が所在を持たない

あんまりどこだか思い出せない。

潰れた目を擦って見た部屋の壁に

こんな光を見た気がします。

なんだか少し身長が伸びた気がする。

おはようそしておやすみ。

 

笠原颯太

OPEN 13:00-19:00

 

 

 

2022.9.2(fri)-9.4(sun)

内藤悟史『Transient』

作品 作品

 

内藤 悟史

フィルム写真家

2018年から独学でフィルム写真を学び、商用写真撮影やモデルのコンポジ•宣材写真撮影、振袖撮影等を行いながら、日々フィルムカメラで作品製作活動をしている。

 

 

 

2022.8.22(mon)-8.28(sun)

2人展『すれちがい通信』

作品

 

たけ

東京都出身

日本大学芸術学部美術学科 卒業

生活と時の流れと衝動の発散

instagram


WANCHANG

東京都出身

東京造形大学 在学

架空の犬を飼っています。

twitter


展⽰会の内容

互いに共通項を多く持ちながらもすれちがい続けた2人の邂逅。それぞれの世界観をこの場所で繋いでいく。

OPEN 11:00-19:00 (初日13:00- / 最終日 -16時まで)

 

 

 

2022.8.12(fri)-8.14(sun)

meui展『藍』

作品 作品

 

meui

1999/06/19 生まれ 静岡県出身 都内現役医学生。

医学生である前に私は一人の人間であり、一人の女性であり一人のカメラマンで表現者です。

instagram


展⽰会の内容

今回は開催にあたり、藍色をテーマに置いています。この様な爽やかな真夏には似使わない色ですが、この色は私の今(綴っている2022年3,4月現在)を表しています。 (続き)詳しくはコチラへ

8.12 11:00-19:00

8.13 11:00-19:00

8.14 11:00-18:00

 

 

 

2022.8.5(fri)-8.7(sun)

『青息吐息展』

作品

 

ぢび instagram

武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科3年

 

熊谷真生 instagram

武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科3年

 

高島涼乃 instagram

多摩美術大学環境デザイン学科3年

 

武田翔 instagram

多摩美術大学環境デザイン学科3年

 

長崎陽大 instagram / twitter

多摩美術大学グラフィックデザイン科2年

 

ふづね twitter / Pixiv

多摩美術大学グラフィックデザイン学科2年


展⽰会の内容

「青息吐息」とは非常に困ったときや、きわめて苦しいときに発する元気のないため息のことである。このタイトルを各自の解釈で作品に落とし込めた。

11:00-19:00 (最終日18:00まで)

 

 

 

2022.7.31(sun)-8.2(tue)

『unhu』

作品

 

狩野 揺(Yuri Karino) instagram

18歳 学生

 

光澤 映(Hayu Mitsuzawa) instagram

18歳 学生

 

 

 

2022.7.7(thu)-7.9(sat)

長谷川みのり 伊藤竜矢 二人展『Alstroemeria』

作品

 

長谷川みのり

23歳 カメラマン instagram

 

伊藤竜矢

20歳 学生 instagram

 

 

 

2022.7.2(sat)-7.3(sun)

『Madoka Goshima 1st exhibition in SHIBUYA』

作品

 

展⽰会の内容

「23歳の私が、今表現したいこと」

ずっと決まったレールで生きてきた。

しかし、社会と言う閉じた鳥籠の中にいると感じることがある。大人とは、自由とは何か。

私には今、表現したい事がある。

それは会社や世間の目を気にしない、様々なルールから解放された世界。

同じカタチがなく、同じ毎日のない、そんな世界。

"カタチにとらわれないモノ"

そんな想いで作り上げた空間に皆様をお連れします。

 

◾︎entrance fee:1000yen(w/ Visitor benefits)

instagram

 

 

 

2022.6.25(sat)-6.27(mon)

マニワナユ + 下野万里子 展『Polygamy』

作品 作品

 

 

 

2022.5.28(sat)-5.30(mon)

Reverie Designer Hashimoto Yuuka展『MIRROR』

作品

 

Reverie Designer Hashimoto Yuuka

instagram / SHOP


展⽰会の内容

Le monde est comme un miroir. La seule façon de le changer est de te changer

“世界とは 鏡のようなもの。

それを変えるには あなたを変えるしかない”

5.28 12:00-19:00

5.29 12:00-19:00

5.30 12:00-18:30

 

 

 

2022.5.13(fri)-5.16(mon)

堀井由香 個展『ワタシの中にある世界〜題名のない作品展〜』

作品

 

堀井由香

2021年5月熱海で開催されたアート合宿に参加。

コンプレックスとして封印してきた”感性”を開放することで、素直に表現できる尊さを知る。そして表現したものが誰かの感性に響く喜びを体感。

ライフステージによって変えてきた『働き方』だったが、これからは『生き方』を変え、生まれ持った自分の個性である”感性"を活かすことを決意。新たな人生の第一歩としてアーティスト活動を始めた。初めての個展。

link


展⽰会の内容

日々感じる繊細な感覚のすべてを言葉で表現することは難しい。

そこからこぼれ落ちていく細かなピースをすくい上げるかのように絵の具と筆で表現する。

それが誰かの心に響き人生の彩りを豊かにできるのなら、なおさら嬉しい。

 

 

 

2022.4.25(mon)-5.11(wed)

前川侑子 個展『いつもひとりは化け物』

作品

 

前川侑子

1993年京都府生まれ。京都市立芸術大学 大学院 染織専攻卒業。

グラフィックデザイナーを経て、2021年からフリーのイラストレーターへ

書籍や雑誌を中心に活動。

「幸福な日々の気づきや、幸せを感じる絵」をテーマにイラストを描き、

毎日インスタグラムに投稿しています。

instagram


展⽰会の内容

孤独はいつも未知で私のありようによって変化する

上手く手懐ければこんなにステキな友達は他にいない

 

 

 

2022.4.16(sat)-4.20(wed)

ØØØØ 4th collection(2022 Autumn / Winter)「STRAY DOG」

作品

 

ØØØØ(レイ)は「LIBERTY ABSTRACTION YARN」をコンセプトに創作を続けるアパレルブランド。

この度、4度目となる展示会を開催します。

今季のテーマは「STARY DOG」(野良犬)。

理不尽な災いが降り注ぐ灰色の現代に、泥だらけ/傷だらけになりながらも生きる場所を求め彷徨い、逞しく生きていく野良犬をイメージし、表現したコレクションの展示会を開催します。

伝統的な天然染色技法と職人の手作業による泥染めと藍染めを掛け合わせた「泥藍染め」を用いたプロダクトや、オリジナルアートの総柄シャツ、CORDURAボディのL/S Tシャツなど、タフで快適でタイムレスなアイテムを展開します。

下記、展示会詳細になりますので、ご確認頂けますと幸いです。ご来場、心よりお待ちしております。

◆開催日時:2022年4月16日(土)〜4月20日(水)(5日間)

・4/16(土)、17(日) 12:00~20:00

・4/18(月)、19(火) 14:00~20:00

・4/20(水) 13:00~19:00

※ディーラー、バイヤーの皆様は事前に予約のご連絡を頂けますと幸いです。

instagram

 

 

 

2022.3.28(mon)-4.3(sun)

グループ展『イマジナリ~展』

作品 作品

 

桑村まみ instagram

多摩美術大学絵画学科油画専攻1年

じあろ instagram

多摩美術大学絵画学科油画専攻1年

石丼 instagram

女子美術大学芸術学部美術学科洋画専攻1年

いんじご instagram

多摩美術大学絵画学科油画専攻1年


展⽰会の内容

皆さんはこれまで生きてきた中で、妄想や空想にふけったことはありますか?

私は何かと縛られた現実世界で「こうだったらな~」や「こんなのがいたらな~」というようなことを学校の授業中だとかその行き帰りなどによく想像することがありました。それはもう「自由」な世界でした。思いつく限り、無限で自由です。

同じ予備校で出会ったナカマたち一人一人が持つ世界を、今回の展示で表現し魅せていけたらいいなと思います。

 

 

 

2022.3.26(sat)-3.27(sun)

『白』展

作品

 

休日

instagram


展⽰会の内容

「白」いものと言われて何を思い浮かべますか?雪や雲?紙?同じ言葉でも身を置く環境や育ちによって異なるものを思い浮かべる。白展では10人のクリエイターが、各々の「白」を、さまざまな方法で表現します。

 

 

 

2022.3.18(fri)-3.21(mon)

『bedroom therapy』

作品

 

mamori(マモリ)

あなた自身を守るものをコンセプトに古着と古着のリメイクを取り扱います。2022年より活動開始しました。

MACROBAKU(マクロバク)

日頃はオンラインで活動しているマルチショップです。古着から雑貨、インテリア雑貨等を展開致します。

R1nT4M0(リンタモ)

妖精モチーフのイヤーカフやビーズのネックレスを作ってオンラインで販売しています。


展⽰会の内容

自分たちの作品で癒やされてほしい、あなたを癒やす作品はブランドはいつでもあるよという意味を込めて、癒やす場所=ベッドルームの連想からbedroom therapyとタイトルをつけました。個性が光るリメイクやセレクト、ハンドメイドアクセサリーをご用意するので自分の癒やしを探しに来てほしいです。

 

 

 

2022.3.11(fri)-3.17(thu)

アミノ『反復する意志』

作品

 

アミノ

1999 千葉県出⾝ 2020 東京藝術⼤学美術学 科油画専攻 ⼊学

twitter / instagram


展⽰会の内容

ヒトはなぜ⽣きているのか、という問いがある。答えは単純で、⼀つ⼀つの細胞が、分⼦が、原⼦が、素粒⼦が、無意味に無根拠に作⽤し続けていることで、ヒトは⽣きているのである。そこに何か意志を感じざるを得ない。しかしヒトはその無根拠な意志たちに意味づけし、⽣きる理由を思案したりして問いを複雑にしている。だが結局のところ、そうして考えるほどに、また全てが無根拠であるという結論に⾏き着いてしまうのである。このようにして、無根拠で純粋な意志は私たちの認識の中と外を反復している。

今回の展⽰は、思 の外へこぼれ落ちそうなかけらを拾って並べ、『意志』の正体を探った痕 である。

 

 

 

2022.3.4(fri)-3.6(sun)

「だって、わかんないもん。」展

作品

 

himari no instagram

2000年生まれ 多摩美術大学生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻2年

HIYORI instagram

2001年生まれ 多摩美術大学生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻2年


展⽰会の内容

「わかんない」なりの私たちの今をポップに描きます!

今の私達をつくるもの、それはこれまでの全て。一緒に生きてきてくれた全ての人と変化し続ける環境、そこで得てきたもの、これからの自分への期待と焦り。「まだ学生だから」「若いから」そうやって過ぎていく日々を自分のチカラで少しでも前に進めたい。言葉では説明がつかないこと、沢山考えてきた「今の自分」をそのまま作品に生かします。

この作品を見て下さる全ての方に少しでも、何かがはじまるワクワク感が伝わりますように。私たちと同じように前に進みたい同世代の方に少しでも、わかんないままでもできることなんて沢山あるなと笑ってもらえますように☺︎

 

 

 

2022.2.23(wed)-2.28(mon)

塚本萌生 「目を覚まして」

作品

 

塚本萌生(つかもとめい)

1999年東京都生まれ。

武蔵野美術大学芸術文化学科3年生。

大学では「芸術文化と社会をつなぐ」を学び、現代社会と現代美術について広い視点で考え直しています。さらに個人では、社会学や哲学の理論と私的な記憶を関連させ、その透明性や積層を軸に作品研究をしています。

instagram


展⽰会の内容

1分、1秒と生きている時間が伸びるほど、人はいまを記憶し、忘れもする。その記憶はあるきっかけから、急に呼び起こされたり、捏造されたりする。洪水のように、いくつもいくつも思い起こされる私の記憶−ビジョンは、真実か、偽りか。都合よくかきかえてしまう私自身に、私は恐れを感じながら、それを消すように重ねる、描く。そこに浮かび上がってくるのは、私だけの秘密の世界?それとも情報が溢れる世界を生きるありきたりな人間の世界?

私は夢から目を覚まして、私を見つめ直す。

 

 

 

2022.2.19(sat)-2.20(sun)

2人展『IRODORI 〜四季』

作品

 

M.Lily Candle 上村美佳 instagram

Candle le Couer 河合佳菜 instagram

 

 

 

2022.2.9(wed)-2.15(tue)

Takekiyo Solo Exhibition『MABOROSHI』

作品

 

takekiyo (武田 清)

千葉県千葉市出身

ゲーム製作会社にてグラフィックデザイナーとして様々なゲームタイトルを制作退社後、takekiyo名義にてピクセルアートのデザイン活動を始める以後、国内外様々なアーティストのグッズ、ミュージックビデオ制作を行いながら、東京、大阪、ロンドンにて個展を開催しました。今回4年ぶり久しぶりの個展となります。

HP / twitter / instagram

11:00~20:00 (最終日~16:00)

 

 

 

2022.2.5(sat)-2.7(mon)

下野万里子『歓喜の海に酔いしれる展」』

作品 作品

 

下野万里子

Hawaiiオアフ島でマナヒーリングを学び絵でも多くの人に癒しを届けたいとマナを込めた「マナアート」を制作、販売開始♡日本に古来より伝わる「龍体文字」を学び、マナアートと融合させた作品を制作、販売開始

●2019年12.10〜12.31(bocata cafe) 初単独個展「心で感じた旅、内なる自然へようこそ展」●2020年12.1〜12.10(中目黒GTギャラリー) 第2回「LIFE is ART〜Hawaiiと龍のエネルギー溢れる日々をあなたへ♡〜●2021年5.23 (絵空箱にて展示) 『祝祭』舞台イベントにて、タイトル“歓喜II”100号サイズの油絵の前でノンバーバルコミュニケーションという即興の歓喜の舞をする●2021年11.11〜11.14(Gallery Wolke:最寄り 大崎駅) グループ展『Art is…』〜違和感を尊重し 直感に従い 感性にひれ伏す〜

施術歴17年 約18,000人の心身の健康に携わる。●2001年 美容師免許取得●2017年 柔道整復師免許取得●2019年 ハワイにてロミロミセラピスト、マナヒーラー修業資格取得●リラクゼーションサロン勤務8年●痩身アンチエイジングエステサロン勤務13年●2019年6月 独立「m.lokomaikai」スタート●2020年3月 東急東横線・学芸大学駅にておうちサロンopen 〜ハワイ伝承マナ・愛の波動溢れるリトル空間〜「m.lokomaikai 」リ・スタート

 

 

 

2022.1.22(sat)-1.23(sun)

『すやまはるみ展3回目』

作品

 

すやまはるみ

女子美術短期大学絵画科銅版画専攻

卒業後、銅版画・水彩画・ドローイングなどを制作

instagram@hatopomo

 

 

 

2022.1.15(sat)-1.18(tue)

NAKAMURA SYUNSUKE『They写真展』

作品 作品

 

NAKAMURA SYUNSUKE instagram

12:00〜20:00

 

 

 

2022.1.7(fri)-1.9(sun)

齋藤里奈/YUM鍋『FOREVER YOUNG』

作品

 

齋藤里奈 instagram

YUM鍋 instagram

11:00〜19:00(最終日〜18:00)

 

 

 

2021

 

 

 

2021.12.21(tue)-12.27(mon)

末光陽介 個展『無題』

作品

 

末光陽介 instagram

 

 

 

2021.12.17(fri)-12.19(sun)

書家 早矢加 展『Japanese Calligraphy Artist sayaca Solo Exhibition』

作品

 

書家 早矢加 sayaca

instagram or YouTube

11:00〜14:00 / 15:00〜19:00

(*14:00〜15:00 close)

 

 

 

2021.12.10(fri)-12.12(sun)

SAKURA 個展『Merry Xmas & HAPPY NEW YEAR』

作品

 

望月さくら

Facebook

instagram

 

 

 

2021.12.2(thu)-12.8(wed)

小川莉奈 写真展『祖父のこと』

作品

 

小川莉奈

1998年生まれ

日本大学芸術学部写真学科 卒業。

 

 

 

2021.11.26(fri)-11.28(sun)

写真展『夜に寄り添う』

作品

 

おのあき

東京在住の写真家

セルフプロデュースと庇護欲に興味があり、写真を撮っています。

twitter

instagram

 

まみれ

写真に写ったり踊ったりしてています。

グラビアとアニメとダンスが好きです。

twitter

instagram

 

 

 

2021.11.17(wed)-11.23(tue)

『100年後の未来展』

作品

 

ごとにしき instagram

ボン instagram

center village instagram

BEEF JERKY instagram

 

 

 

2021.11.13(sat)-11.14(sun)

「むぎのタロットワールドツアー2021 小さなむぎの大きな世界展」

作品

 

yuki

タロット作家、タロット講師、イラストレーター

兵庫県出身、上智大学理工学部卒業。

卒業後、中学・高校で10年以上にわたり教職(理科)に従事する。20代後半に癌(ガン)を罹患。再発の可能性もある珍しいガンという診断だったが、治療の上、克服する。退院後、闘病中に飼っていたペットのスナネズミ「むぎ」をモチーフにタロットカードを制作することを思い立ち、一念発起。小学生の頃から始めたタロットの経験をベースに、「かわいらしさ」と「タロットの伝統」とを共存させたカードの制作に着手し、一年の月日をかけ完成させる。その後、タロットサイト「むぎのタロット」をスタート。タロット講座や動画配信、個人鑑定など活動の範囲を徐々に広げていく。教える仕事に長らく携わっていたことから、「説明がわかりやすい」「全体像がつかみやすい」「理論の背景がしっかりしている」と好評を博している。今後は『むぎのタロット』を通して、タロットカードの可能性を広げていくビジョンを持つ

むぎのタロット

 

 

 

2021.11.5(fri)-11.7(sun)

双方向性映像展示 本田有紀個展

作品

 

壁に並べられた絵画達。ふれると絵から作品が飛び出し動きだします。インタラクティブな映像展示です。

 

本田有紀

チームラボ CGチーム所属

メインツール:3dsMax、AfterEffects、Photoshop、Houdini、Unity、UnrealEngine、TouchDesigner等。最近はごちゃごちゃ

熊本出身

熊本県立熊本高校 卒業

武蔵野美術大学 日本画学科 卒

J.C.Staffでモデラー、サンジゲンでアニメーター、IMAGICAでフォトリアルCGの職務を経て現在に至る

web

twitter

 

 

 

2021.10.28(thu)-11.3(wed)

グループ展『HERE』

作品

 

菊地 晴   twitter

永田一樹   instagram

原田茉琳   instagram

大野瑠菜   instagram

河﨑伊吹   instagram

 

 

 

2021.10.22(fri)-10.24(sun)

グループ展『patterns』

作品

 

ミナクチトウコ

1999年生まれ

多摩美術大学 グラフィックデザイン学科

instagram

 

enoma

1999年生まれ

多摩美術大学 グラフィックデザイン学科

instagram

 

やまきゆうこ

2000年生まれ

多摩美術大学 グラフィックデザイン学科

instagram

 

 

 

 

2021.10.16(sat)-10.17(sun)

甘夏蜜柑 個展『mellow』

作品

 

甘夏蜜柑

1997年8月16日生まれ。大学入学祝いで一眼レフを手にし2018年頃からポートレート写真を始める。現在は東京を拠点に、被写体兼カメラマンとして撮り撮られの双方で活動している

instagram

 

 

 

2021.10.1(fri)-10.3(sun)

GANDALAMA『GANDALAMA万博』

作品

 

GANDALAMA

理想郷からの土産物を提供するスーベニアブランド『GANDALAMA』による三日限りのまぼろし市場。 衣料品から日用品まで選りすぐりのアレコレ、お手に取ってご覧ください。

instagram

WebStore

 

 

 

2021.9.25(sat)-9.27(mon)

下野万里子『大いなるものたち展』

作品 作品

 

下野万里子

Hawaiiオアフ島でマナヒーリングを学び絵でも多くの人に癒しを届けたいとマナを込めた「マナアート」を制作、販売開始♡日本に古来より伝わる「龍体文字」を学び、マナアートと融合させた作品を制作、販売開始

●2019年12.10〜12.31(bocata cafe) 初単独個展「心で感じた旅、内なる自然へようこそ展」●2020年12.1〜12.10(中目黒GTギャラリー) 第2回「LIFE is ART〜Hawaiiと龍のエネルギー溢れる日々をあなたへ♡〜●2021年5.23 (絵空箱にて展示) 『祝祭』舞台イベントにて、タイトル“歓喜II”100号サイズの油絵の前でノンバーバルコミュニケーションという即興の歓喜の舞をする●2021年11.11〜11.14(Gallery Wolke:最寄り 大崎駅) グループ展『Art is…』〜違和感を尊重し 直感に従い 感性にひれ伏す〜

施術歴17年 約18,000人の心身の健康に携わる。●2001年 美容師免許取得●2017年 柔道整復師免許取得●2019年 ハワイにてロミロミセラピスト、マナヒーラー修業資格取得●リラクゼーションサロン勤務8年●痩身アンチエイジングエステサロン勤務13年●2019年6月 独立「m.lokomaikai」スタート●2020年3月 東急東横線・学芸大学駅にておうちサロンopen 〜ハワイ伝承マナ・愛の波動溢れるリトル空間〜「m.lokomaikai 」リ・スタート

 

 

 

2021.9.17(fri)-9.23(thu)

alcohol ink art exhbition『-ai- 美しく、自分らしく』

作品

 

Seiko instagram

Nina instagram

Michiko instagram

Itsuko instagram

Kana instagram

Reika

Yu

 

 

 

2021.9.10(fri)-9.12(sun)

SAKURA 個展 『宙-SORA-』

作品

 

望月さくら

Facebook

instagram

 

 

 

2021.9.1(wed)-9.7(tue)

山谷菜月 個展 『Intake』

作品 作品

 

山谷菜月

instagram

 

 

 

2021.8.27(fri)-8.29(sun)

グループ展『Circle』

作品 作品

 

さもありなん

twitter

夜仏

twitter

のみかけのまよねーず

twitter

pipipon

twitter

うら~

twitter

 

 

 

2021.8.13(fri)-8.15(sun)

アソビ心・木場龍門・iwannainternet・mori・Ryosuke Shigetomi 「who」

作品

 

アソビ心

1999年生まれ

東京 出

instagram

 

木場龍門

2000年生まれ

神奈川県出

instagram

 

iwannainternet

1999年生まれ

岩手県出

instagram

 

mori

1999年生まれ

茨城県出

instagram

 

Ryosuke Shigetomi

2000年生まれ

東京 出

instagram

 

 

 

2021.7.30(fri)-8.1(sun)

NFT ART GALLERY

作品

 

NFTECH

矢瀧 愼太郎

1993生 鳥取県出身

 

 

 

2021.7.24(sat)-7.25(sun)

Sin Sira / 横尾勇樹 2人展 「色(IRO)」

作品

 

Sin Sira

instagram

 

横尾勇樹

instagram

 

 

 

2021.7.16(fri)-7.18(sun)

書家 早矢加展 Japanese Calligraphy Artist sayaca Solo Exhibition

作品

 

書家 早矢加 sayaca

instagram or YouTube

 

11:00〜19:00

(14:00〜15:00 close)

 

 

 

2021.6.13(sun)-6.19(sat)

阿部柊平・杉下睦実 「呟き」

作品

 

阿部柊平

東京都出身

2019.3 私立桐朋高等学校卒業

2019.4 武蔵野美術大学造形学部油絵学科油絵専攻入学

現在同大学第3学年在学

 

杉下睦実

武蔵野美術大学油絵学科油絵専攻在学中

2018 愛知県私学美術展にて中日新聞社奨励賞受賞

2018 第68回学展入賞

2019 MAUコンクールえぐちりか賞受賞

2020 新宿眼科画廊にてグループ展示「思い出の墓場」

2020 武蔵野美術大学2年進級制作展 渡辺篤賞

2021 ターナーギャラリーにてグループ展示「モーニングコールの踊り場」

 

 

 

2021.4.30(fri)-5.2(sun) → 2021.6.4(fri)-6.6(sun)

CUTE BUT PSYCHO Photo Exhibition ”EAT YOU ALIVE”

作品

 

連載企画「CUTE BUT PSYCHO」

CUTE BUT PSYCHO

model

・五味未知子

・セイちゃん

・キカ・フロント・フロンタール

・ヨネコ

・ナマダ

・後藤まりこ

・HAL(The Mash)

・大間乃トーコ

・絹彦

・ちち

・中村ソゼ(めろん畑a go go)

・あにお天湯

・姫草雛奈子(XTEEN)

・SUZUKA(新しい学校のリーダーズ)

・駒

・MIZYU(新しい学校のリーダーズ)

・ドン・グリ(パピプペポは難しい)

・シイカ(リリスリバース)

・Nakanoまる

・ティム・ヴィンセント(Zsasz)

H&M:三木幸平 instagram

Photos:宇佐美亮 instagram / web

 

 

 

2021.5.30(sun)

市川未佳・矢坂大地 「朧げ」

作品

 

市川未佳

2000年生まれ。日本大学芸術学部写真学科在学中。

instagram

 

矢坂大地

2000年生まれ。日本大学生産工学部。2年前に写真を始める。

instagram

 

 

 

2021.5.13(thu)-5.20(thu)

POTATO + TATSUO SAITO「○△□糸と絵具」

作品

 

斎藤達夫

1947年 静岡県生まれ阿佐ヶ谷美術学園 フォルム洋画研究所にて油彩画を学ぶ

1970年 初の3人展 銀屋画廊(東京)

以後グループ展 多数出展

1986年 個展 HBギャラリー(東京)

1994年 高円人展を友人と主宰 以後毎年出展

2008年 2012年 2015年 個展 現代HIGHTS(東京)

2009年 3人展 Art Center Ongoing(東京)

2015年 個展 TOBIRA(東京)

2016年 2人展 サイト青山(東京)

2017年 個展 納戸(東京)

2018年 個展 PoPo(東京)

五六年続けている

 

動物らしき顔に○△□を描いています

今回は形は同じで 色を変えて試みてみました

ご高覧いただけましたら幸いです

2021年 齋藤

 

POTATO アクセサリー

2017年よりアクセサリーの制作、販売を開始。

カラフルで、不思議な質感が大好きで、刺繍をメインに色々なアクセサリーを作っています。

刺繍糸にはこだわらず、縫い付けられるモノで有れば、なんでも好きな素材をチクチク縫い付けて作っています。

着けたら元気になってもらえる様なアクセサリーをイメージしています。

POTATO instagram

POTATO web POTATO POTATO POTATO

 

 

 

2021.5.8(sat)-5.9(sun)

きょう君が笑う展

作品

 

mizukiitos

2016年、個展を開いてみたいと言う想いだけで絵を描き始めました。そして春と冬に、ふたり展“ゆくえ〜俺わたし〜”を開催。

2017年には8人のグループ展を開催。

2018年は約40名のartistを集め“100枚のA4展”を開催しました。

2021年、初のsolo exhibitionです。

mizukiitos instagram

 

 

 

2021.5.3(tue)-5.5(mon)

またね、私の青春展

作品

 

百瀬ゆれ

にみそってどんな味太郎

和花

東川平ひかり

でゅでゅ

しゃちほこ

かわら

Nao

 

 

 

2021.4.20(tue)-4.26(mon)

Teruyuki Solo exhibition 『Reflection』

作品

 

Teruyuki

freelance photogragher

instagram

web

 

 

 

2021.3.30(tue)-4.5(mon)

Q

作品

 

かいいさむ

茨城県出身。

twitter

 

5TER4

神奈川県出身。

twitter

instagram

web

 

 

 

2021.3.26(fri)-3.28(sun)

Made (for)_human/ryaw 21AW Exhibition

作品

 

片出 真武

大附 多良

twitter

instagram

 

 

 

2021.3.19(fri)-3.21(sun)

萱沼大喜個展 四年間

作品

 

萱沼大喜

instagram

 

 

 

2021.1.29(fri)-1.31(sun)

Kanami Fushio solo Exhibition

作品

 

kanami fushio

artist/大阪出身

 

 

 

2021.1.20(wed)-1.27(wed)

斎藤達夫 + POTATO 2人展

作品

 

斎藤達夫

POTATO instagram@20171203potato

POTATO web POTATO POTATO POTATO

 

 

 

2020

 

 

2020.10.31(sat)-11.6(fri)

グループ展 モンファヴォリ

作品

 

風野紫苑

ブランド名Spica*/レジンアクセサリーをメインに活動。@kazeno01

No Name

アクセサリー雑貨・リース

IVY

ペイパークラフト

 

 

 

2020.10.10(sat)-10.16(fri)

すやまはるみ展 2020

作品

 

作品 作品

 

すやまはるみ

女子美術短期大学絵画科銅版画専攻

卒業後、銅版画・水彩画・ドローイングなどを制作

instagram@hatopomo